医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

臨床検査技師の基礎知識

臨床検査技師の資格

臨床検査技師になる為には、国家資格を必要とします。臨床検査技師の資格は、誰でも取得できる訳ではなく、臨床検査技師になる為の学校で、臨床検査技師に必要な知識を学ぶ必要があります。

大学の中に臨床検査技師になる為のコースがある場合は、臨床検査技師養成所で3年間臨床検査技師の基礎について学ぶ事で、受験資格を取得する事ができます。

臨床検査技師の国家試験は、年に1回行われており、日本各地で受験する事ができます。臨床検査技師の資格試験は、専門の勉強をしてきた人しか受験しないので、ほとんどの受験生が合格できるとされています。

ただ、臨床検査技師の資格を取得するための試験は、試験問題の出題範囲も広く、試験に備えてきちんと勉強していないと、取得する事は難しいとされています。ただ、実際に臨床検査技師の資格を持っている人は多く、ただ臨床検査技師の資格を持っているだけでは、就職するのは難しいとされています。

臨床検査技師の資格と合わせて、細胞検査士といった他の専門的な資格を取得しておくのがいいとされています。細胞検査士は癌を発見する検査を行う専門家で、細胞検査士は癌がありそうな器官の細胞から、癌細胞の有無を検査します。

細胞検査士の資格は、臨床検査技師の資格がないと取得する事ができません。臨床検査技師の資格を取得後、細胞検査士養成学校などで基礎知識をまなぶ事で受験資格を得ることが出来ます。細胞検査士は臨床検査技師に比べて難易度が高く、細胞検査士を臨床検査技師の資格と合わせもつ事で、就職もしやすくなるとされています。