医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

臨床検査技師の基礎知識

臨床検査技師の試験

臨床検査技師の国家試験は、年に1度行われます。日程は、平均で2月後半に行われる事が多く、1月の上旬には受験手数料の11,300円を支払っておく必要があります。臨床検査技師になるための国家試験は、覚えなくてはならない事が非常にたくさんあります。その為、ただ必要な部分を丸暗記して試験に臨むのは不可能と言えます。

臨床検査技師の国家試験のような、膨大な量を丸暗記しただけでは、ひかっけ問題等が出題された場合に、応用を利かせる事ができず、試験本番では曖昧になって間違えてしまう可能性が高いです。臨床検査技師の試験対策としては、覚えなくてはならない事は、理由を考えて理解しながら覚えていく事が一番効率がよいです。

勉強するのに時間はかかりますが、人の病気を検査したりして命を預かる臨床検査技師になる為の試験に、時間をかけて勉強せずに合格できる訳がありません。臨床検査技師の試験の出題範囲は多いですが、どの科目も独立した知識ではなく、深く理解していくと様々な知識と知識がつながって理解が深まっていきます。

本格的に臨床検査技師の国家試験勉強をはじめるのは、国家試験の1年前からコツコツと行っていくのがいいとされています。臨床検査技師の国家試験問題は、過去問なども販売されているので、冬には1日に一回分の国家試験をとけるように、知識や時間配分等を学んでおきましょう。臨床検査技師国家試験は、マークシート形式で全部で200問も出題されます。午前と午後の1日をかけて試験を行うので、過去問をといて試験に慣れておきましょう。