医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

臨床検査技師の基礎知識

臨床検査技師の求人

医者をはじめ看護師などの医療系の職業は、勤務状況がきつく肉体的にも精神的にも、厳しい環境で勤務していく事になります。この為、基本的に医療関係は慢性的に人手不足で、不況で就職が困難と言われる中でも、比較的すぐに就職する事が出来るとされています。

しかし、臨床検査技師に関しては、医療系にもかかわらず、求人が少なく就職は困難であるとされています。臨床検査の分野にかぎらず、医学は常に進歩しており、検査機器が人間の手を使わずに自動で行われるなどの進歩によって、臨床検査技師の仕事の場は少なくなっているのが現状です。

臨床検査技師の場合、看護師などのようなキツイ肉体労働はほとんどないため、病院内での入れ替わりも少なく、毎年多くの臨床検査技師が誕生する事で、就職先は飽和状態にあります。この為、単に臨床検査技師の資格を持っているだけでなく、最新の検査機器に深い知識を持っていたり、他の資格も有していると、就職では有利になるとされています。

また、臨床検査技師の勤務先は、病院以外にも保健センターや医薬、食品関係の研究開発部門など、実は幅広く必要とされています。人と接しながら勤務したい場合は、病院などの勤務になりますが、研究開発に携わり医療の発展に貢献したい場合は、このような研究部門の勤務先も選択肢に加わります。

病院でも、経験のある臨床検査技師は重宝される事に変わりはないので、資格などを取りつつ、知識を深めていく事で、病院にも雇用のチャンスが高まります。