医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

臨床検査技師の基礎知識

臨床検査技師とは

臨床検査技師とは、病院などの医療機関で様々な検査を行う人です。臨床検査技師が行う臨床検査には、生体検査と検体検査の2つの検査方法があり、これらの検査の結果から、医師は患者が今どのような状態にあるのか、今後の治療をどうすればいいのかを決定します。

臨床検査は、検体に含まれる成分のデータによって状態を調べるので、検査にミスがあれば患者の診察や治療で大きな問題が発生する事になる非常に重要な検査です。臨床検査の生体検査とは、主に心電図を使用したり脳波を調べるといった、患者の身体に直接触れて行う検査をいいます。

生体検査は国家資格をもった、医師か臨床検査技師しか行う事はできません。対する検体検査とでは、患者から血液や尿などを採取し、それらの成分を分析したり、検査して成分の数値に異常がないか、細菌やウイルスに感染していないかなどを調べる検査です。

臨床検査は病院で行う事もありますが、保健所や衛生検査所などの医療機関で検査する事が多いです。また、このような医療関係以外でも、薬の研究などをしている民間企業でも、臨床検査技師は活躍しています。

臨床検査技師が尿や血液を検査する事で、患者の病気の経過状況を知る事ができ、患者に現在の治療が上手くいっているのか、薬の効果が出ているかなどを知る事ができます。保健所ではたらく臨床検査技師は、伝染病などが流行していないかなどを検査しています。このように臨床検査技師は、直接患者を治療したりする事はなくても、人々の健康に大きく関係する重要な仕事です。