医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

理学療法士の基礎知識

理学療法士の資格取得

理学療法士は国家資格なので、国家試験を受けなけなくてはなりません。理学療法士の国家試験の受験資格は、誰でも持っているわけではなく、理学療法士の専門の養成機関にて、理学療法士に必要な知識を3年以上学ぶ必要があります。理学療法士の専門の養成学校を、卒業することで国家試験の受験資格が与えられるので、理学療法士国家試験を受験して合格しなくてはなりません。

理学療法士の専門の養成学校は、大学や専門学校などに通う必要があります。ただ、これらの専門学校で、きちんと理学療法士になるための勉強をしてきていれば、9割以上の受験者が合格出来るとされています。

理学療法士は、近年高齢社会によって、必要性が再確認されており、理学療法士になるためには専門の学校が急激に増えています。高齢者は体力が衰えている為、転倒などでも障害を残す危険があります。この為、理学療法士が一気に増えてきています。

理学療法士になっているという事は、国家資格を持っているという事ですが、国家資格があれば何でもできるというわけではありません。国家資格があっても、常に向上心を失わず、高度な知識を勉強して治療にあたれる人でなくては、理学療法士は任せられません。

理学療法士は医療事務などから転職してなる人も多く、患者の日常生活や社会的な地位を取り戻させる為に、親身になって一緒に頑張りたいという思いをもっている事も、理学療法士に必要な資格です。