医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

理学療法士の基礎知識

理学療法士とは

理学療法士とは、事故による怪我や病気によって、身体に障害を負ってしまった人や、障害が残ると思われる人に対して、医学的リハビリテーションを行う職業です。理学療法士になるには、看護師等と同じく国家資格が必要になります。

理学療法士の行うリハビリテーションは、日常生活に必要な基本動作を自立して行えるよう能力の回復や維持を行い、障害が悪化しないように、運動療法や物理療法といった手段を用いて行います。患者に行うリハビリテーションの治療内容は、理学療法士が患者ひとりひとりに合わせて、医学的な観点や患者の身体的な能力、また患者の生活環境等を考慮して、患者に最も適したプログラムを作成して行っていきます。

我々が普段無意識や何気なく行っている基本動作は、出来なくなって初めて、不便さが理解できます。例えば、手が思うように動かなくなると、ご飯を食べれなくなり、生きていく事が困難になるという事はわかりますが、寝返りを打てなくなると、実は生命の危機にひんする程危険であるとは、普段の生活からはなかなか気付けません。

このような基本動作を行えるようにするため、筋力の強化をはじめ、麻痺した器官の機能回復や、痛みが生じる場合は軽減するための治療を行って、可能な限り自立した日常生活を目指します。理学療法士は病院やクリニック、また介護施設等でリハビリテーションの指導をする以外に、プロスポーツのチームで身体の動かしかたや、痛めた場合の適切な指示などを行っています。