医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

看護師の基礎知識

看護師の資格取得

看護師の資格は国家資格となり、大学や看護師専門学校で看護師の基礎や医療の基礎について学び、国家試験に合格する必要があります。一般的には、看護専門学校で3年間集中的に看護師になる為の基礎知識を学び、卒業時に看護師になる為の国家資格を取る方法です。

大学の場合は、4年間通う必要があるので、すぐにでも看護師として社会に出て、看護をしたいと考えている人は、大学よりも看護師専門学校の方がいいでしょう。ただ、以前は大学から看護師になる人が、少なかったとされていますが、最近では大学を出てから看護師になる人も増えているとされています。

大学の方が専門学校では学ばない一般教養科目を学ぶ事が出来るので、看護師になる以外にも様々な可能性があります。また、年間あることで看護師の資格以外に、保健師や助産婦の受験資格も取得が可能です。このような高等知識を学べる学校で、指定のカリキュラムを修了していないと看護師になる為の資格試験が受けられません。

ただ、看護師には准看護師という、国家資格ではない看護師の資格もあります。准看護師は、各都道府県知事から免許を貰うもので、医師だけでなく看護師の指示を受けて看護師の仕事をサポートします。准看護師になるには、准看護学校に2年間かよって必要な知識を身につける必要があります。

看護師が自分の判断で看護を行っていけますが、准看護師の場合は、医師や看護師から指示を受けて行動できるため、自主的に看護業務は行えません。この為、准看護師の人は、准看護師として実務を行いながら看護師を目指す人が多くいます。