医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

看護師の基礎知識

看護師の勤務先

実は看護師の活躍の場は色々とありますが、最も一般的な勤務先は病院になります。病院にといっても、総合病院や大学病院のような大きな病院から、個人経営の町の診療所など、様々な病院で仕事を行っています。

大規模な病院の場合は、内科や外科をはじめ、小児科といった多くの専門分野にわかれており、看護師はどんな分野でも働く可能性があります。看護師は患者の援助を行ったり、医師の治療行為をサポートしたりします。

入院患者のいるような大きな病院の場合は、食事や入浴などお日常生活を世話したり、点滴や注射程度の医療行為は医者に代わって行います。また、医療事務と同じくカルテの整理なども任される場合があります。入院中の患者のベットには、ナースコールがついているので、容態の急変など緊急事態があってナースコールで呼ばれた場合は、すぐに応対しなくてはなりません。

ただし、看護師の勤務先は病院だけではなく、老人ホームなどの介護施設の場合もあります。介護施設での看護師の仕事は、医師の指示に基づいて薬の管理をしたり、ヘルパーに指示を出したりします。

また、健康に関する相談を聞いて、施設にいる要介護者の不安を解消してあげる等を行います。さらに、看護師の資格を活かして、一般企業で社員を対象に看護行為を行ったり、健康管理を任されたりします。社員の健康管理だけでなく、精神的なケアなどを請け負う場合もあり、看護師免許はなくなる事はないので、正社員やアルバイトなど勤務形態を変えても働きやすいとされています。