医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

看護師の基礎知識

看護師とは

看護師とは、医療資格の中でも国家資格を必要とし、医療現場で看護を行ってくれます。看護師は医者の仕事を援助して患者の治療に努め、入院患者がいる場合は院内を過ごしやすくできるよう、身の周りの世話を行ったりしています。

現在は男女の区別なく看護師といいますが、以前は、女性の場合は看護婦、男性は看護士と区別されていました。看護師は高度な医療や看護の知識を必要とし、患者の治療や日常生活の援助を行うだけでなく、患者の精神的な不安などを取り除く事も業務に含まれます。

医師に専門的な事をいきなり聞くのは躊躇するので、代わりに悩みや治療の疑問などを聞いて、相談にのったりもしてくれます。また、看護士の仕事は非常に体力を使い、寝たきりの大人を移動させたり、夜勤として夜遅くまで業務にあたらなくてはなりません。

体力だけでなく、精神的にも疲労しやすい職業であり、憧れの職業でありながら、転職の絶えない職業でもあります。ただ、看護師の仕事は辛い事ばかりではなく、医者に代わって直接患者と接する機会が多く、患者に感謝されやすい仕事です。

一生懸命看病した人が元気になっていく姿を見たり、感謝される事は非常に喜びを感じる事が出来るとされています。看護師の仕事は、病院勤務以外にも、介護施設や学校、また一般企業など様々にあり、非常にやりがいのある仕事です。看護師の資格は、結婚などで名前が変わらない限り失効する事はなく、一生使用する事ができる資格です。