医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

医療事務の基礎知識

医療事務の仕事

医療事務の仕事の内容は、勤務先によって、業務内容は異なりますが診療報酬請求業務を始め、多岐にわたっています。主な業務内容としては、診療報酬請求業務以外に外来患者の受付や案内などの業務や、医師や看護師に対する秘書業務、また入退院患者への応対など任される場合もあります。

基本的には、外来患者が来た際に、受付や次回の予約を行ったり、会計などを行います。また、診察の順番がきた患者の呼び出しを行ったり、診察室まで案内するなど、患者と直接やり取りを行う事が多く、病院の窓口として非常に責任ある業務です。同時に、診療報酬請求業務を行う事も多く、診療内容による診察料の点数計算を行ったり、健康保険証で受けられる医療費の割引を計算して、最終的な請求額を求めます。

特に、資格がなくても行う事ができますが、専門知識を必要としますし、患者から自己負担分の診療費を計算する重要な業務でもある事から、何らかの資格を取得していた方がいいとされています。このような窓口業務以外にも、入院する患者のカルテを作成したり、入院費の計算や、入院に対する相談に乗る必要もあります。医療事務は資格がないので、医療行為を手伝ったり、治療を行う事はできませんが、代わりに行える事は任される場合があります。

また、大きな病院の場合は、医師のスケジュール管理や患者のデータの整理といった秘書業未を行う可能性もあります。近年は電子カルテが一般に普及しているので、医療事務ではパソコンでデータ整理を行う事も多くあります。