医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

医療事務の基礎知識

医療事務の勤務先

医療事務の主な勤務先は、病院の受付になります。ただ、病院といっても様々にあり、総合病院のようなたくさんの専門科がある大きな病院もあれば、町の診療所などの小さな病院もあります。ただ、病院の規模が違っても、診療報酬請求業務には違いはありませんので、全国の様々な病院で働く事が可能です。

ただ、大きな病院の場合は、医療事務員が何人もいるので、診療報酬請求業務を行う医療事務員もいれば、カルテ整理をおこなったり、受付だけを行う医療事務員など、人によって業務が細かく別れている場合もあります。逆に、町の診療所などは医療事務が1人しかいない場合が多く、1人に任せられる仕事が多くなるでしょう。

医療事務員の勤務形態にもよりますが、シフト制で半日交代である場合もありますし、1日勤務する場合もあります。大きな病院の場合は、正社員の医療事務員をはじめ、派遣社員やパートの医療事務などがいる場合もあります。

医療事務にまだ慣れていない場合は、1人の仕事が細かく割り振られている大きな病院の方が、混乱せずに仕事を覚えやすいとされています。最近の病院は医師が手書きでカルテを作成するのではなく、コンピューターに診療内容を入力することが多くなっており、ただ医療事務の仕事ができるだけでなく、パソコンなども抵抗なく使用できる方が重宝されます。

また、近年は医療事務の資格をもった人が急激に増えた為、病院では単に医療事務の資

格を持っているだけでなく、実務経験があるかどうかを重視する傾向があるようです。