医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

医療事務の基礎知識

医療事務とは

この為、医療事務を行うには、専門的な知識を学ぶ必要があります。ただ、医療事務は国家試験などの統一された資格はなく、医療事務の職に就きながら勉強し、資格試験を受験する人もいます。

医療事務で必要となる専門知識は、診療報酬請求業務の点数で計算です。医療費は、初診料や再診料、また検査料などの項目によって点数が加算されて、診療費が算出されます。医療事務を行うには、この点数計算の専門的知識が必須ですが、これらの知識は学校に通わなくても、通信教育などで学ぶ事ができます。

医療事務の仕事は、このような診療報酬請求業務以外に、入退院の手続きや、カルテの尻などもあり、医師や看護師とも意思の疎通を図って業務にあたる必要があります。また、受付として病院の窓口となるので、場合によっては医師や看護師以上に患者と接する機会が多い場合もあります。この為、専門知識を学ぶだけでなく、病院の窓口でとして、患者に安心感を与えられるようにふるまう事も求められます。

医療事務は一度資格を取得してしまえば、全国ではたらく事ができるので、産休などで職を離れていた女性に人気のある職業です。