医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

栄養士の基礎知識

管理栄養士とは

管理栄養士は、栄養士よりも上級資格であり、高度な栄養指導や栄養管理を行う事ができます。学校を卒業すれば取得できる栄養士の資格は異なり、管理栄養士は国家試験を受験して取得する国家資格になります。

この為、管理栄養士になると栄養士の業務だけでなく、病気や治療を目的とした医療的な栄誉管理等も任せられるようになります。また、700食以上の集団給食を用意する給食施設では、栄養士ではなく管理栄養士を配置しなくてはならないと、法律で決まっています。

管理栄養士になる為には、まず栄養士資格を取得しなくてはなりません。その後、栄養士としての実務経験を積むと、受験資格が得られて国家試験を受験する事ができます。専門知識を学んで卒業すれば取得できる栄養士の資格とは異なり、管理栄養士になる為の国家試験は合格率が30%と非常に低くあります。

管理栄養士と栄養士とでは、似ているようで仕事内容は異なり、管理栄養士は勤務管理や施設管理、また高度な栄養指導といった、実務ではなく計画や企画を行う事が出来るようになります。この為、栄養士より深い栄養に関する知識を持ち、病院や学校などの施設をはじめ、スポーツ選手の為に栄養管理を指導したり、食品メーカーといった企業で健康食品開発などを行うなど、活躍の場が大きく広がります。

近年は、生活習慣病で食事管理を徹底して行わなくてはならない人や、食物アレルギーを持つ人が増えており、拒食症などの摂食障害を抱える人が増加傾向にあります。この為、管理栄養士は、個人的に食事に関するカウンセリングを行ったりもします。