医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

栄養士の基礎知識

栄養士の資格

栄養士の資格は国家資格ではなく、栄養士の養成学校で基礎知識を学び、卒業することができれば自動的に資格が与えられます。栄養士の資格を取れる場所は、栄養士課程が履修項目にある栄養士専門学校や、栄養学科や食物学科といった学科のある短大や大学です。

これらの学校で必要単位を修得すれば、特に試験を受ける事もなく栄養士の資格が与えられます。また、大学の管理栄養士課程に在籍している場合は卒業と同時に栄養士の資格を取得できるだけでなく、管理栄養士の国家試験の受験資格をえる事ができます。また、栄養士課程の場合は、栄養士として実務経験を1年以上経験していれば、管理栄養士の受験資格を取得できます。

3年制短大や専門学校はでは2年以上、2年制の場合は実務経験を3年以上経験すれば、管理栄養士の受験資格を得る事ができます。管理栄養士の場合は、栄養士と異なり合格率も低く取得し難いので、きちんと受験勉強を行い試験に臨む必要があります。

栄養士の就職先は病院や学校、また介護施設等ですが、栄養士よりも高度な知識を持つ管理栄養士の方が重宝され、1つの職場に栄養士は何人も必要ないことから、あまり求人の数は多くないと言えます。この為、栄養士として働きたいと考えている人は、管理栄養士の資格を取得する事が、まずは大切です。

栄養士のように重要な資格でありながら、試験なども無く資格が取得できるのは珍しく、将来的には栄養士も国家試験になる可能性があるとされています。