医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

栄養士の基礎知識

栄養士と管理栄養士の勤務先

栄養士と管理栄養士では、基本的には定められた仕事内容がありますが、実際に働いてみると勤務先で仕事内容は異なります。栄養士は一般的な業務を担当し、管理栄養士が専門的な業務を行う場合もあれば、2つの資格に区別をせず同じ業務を行う場合もあります。

ただ、現代は高齢化社会などの影響で専門知識を持っている管理栄養士の方が、栄養士に比べて重宝される傾向にあるようです。管理栄養士の資格を持っていれば、栄養士の行う業務内容はもちろんのこと、健康管理や栄養指導など高度な知識を必要とする業務を行う事も出来ます。栄養士の場合は、厨房で調理を行うといった業務が多く、管理栄養士の場合は、実際に調理を行う事はほとんどなくデスクワークが中心となるようです。

栄養士と管理栄養士の勤務先では、病院や福祉施設などをはじめ、学校給食や保健センターなどがあります。企業の食品開発部で、栄養士や管理栄養士としての資格を活かせる場合もありますが、もともと1つの勤務先に栄養士は何人も勤務しておらず、栄養士養成施設を卒業して栄養士の資格を取得した人に対して、勤務先の雇用の機会は減少しているとされています。

この為、資格を持っている事に甘んじることなく、管理栄養士の資格を取得する準備をしたり、事前に計画的な就職活動を行う事が必要になります。管理栄養士の資格も持っている場合は、予防医学といった分野にも活躍の場が広がり、食品関連企業からも多く募集されるとされています。