医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

栄養士の基礎知識

栄養士と管理栄養士の給料

栄養士と管理栄養士は、勤務先によっては、職務内容が全く同じな場合もありますが、給与では差が出る事になります。ほとんどの場合、栄養士の給料に比べて、管理栄養士の給料の方が高く、現在はおなじような業務であっても、将来的には専門的な仕事を行うようになる事が多く、さらに給料面では差が出るようになるとされています。

栄養士の給料に関しては、他の職業と比べて特別高収入という事はありませんが、 安定した収入が望めるとされています。管理栄養士は学校や国公立の病院、また保健所などで働く場合は、公務員と同じ扱いになります。この為、管理栄養士の国家資格を取得後に、公務員試験を受ける必要があります。

ただ、公務員になれれば、将来的にも安定した収入が望めるとされています。公務員にならず民間企業に就職した場合は、資格を活かすような仕事につけた場合は、栄養士や管理栄養士の資格手当てが支払われる場合もあります。管理栄養士は栄養士より上位の資格なので、資格手当てにも反映されやすく、専門的仕事を任せられれば任せられるほど、評価されていくと予想されます。

最近では、健康志向の高まりから、会社や学校などの職場にいかず、管理栄養士の資格を活かして自宅で栄養指導や食のカウンセリングを行う場合もあります。自宅療養する人にアドバイスしたり、健康的な減量を目指している人に献立を助言したりと、仕事の幅も広がっているので、管理栄養士の資格を持っていると給料も上がりやすいとされています。