医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

栄養士の基礎知識

栄養士とは

栄養士とは、栄養や食事に関する高度な専門的な知識を持った職業です。栄養士は社会の健康維持を目標に、給食管理と栄養指導を行う事が主な業務内容です。現代の日本人は、食事に関しては豊かな生活をおくっており、不規則な食事や栄養バランスの乱れから、健康面に大きな被害が生まれています。このような食事や栄養の乱れを改善し、栄養指導を行う事が栄養士の使命です。

具体的には、学校や病院、また介護施設などで出される給食の献立を考えたり、食材の仕入れから栄養価の損なわれないような調理指導を行って健康管理を測る給食管理と、病気や病気の予防のために、食事指導が必要な人へ栄養の正しい知識を教えて、バランスのとれた食生活が行えるよう指導する栄養指導を行っていきます。

現代の日本では肥満をはじめ、糖尿病や高血圧といった食事の乱れによる生活習慣病が多く、栄養環境を整え指導していく事が求められます。栄養士は国家資格ではありませんが、上位資格として管理栄養士があます。

栄養士はさまざまな場所で活躍しており、学校や病院以外でも、一般企業において健康食品の開発に携わったり、フードコーディネーターとして外食業のメニュー開発等も行います。食事は人が生きていく上で欠かす事の出来ない身近な行為であり、食事が身体に与える影響は測り知れません。栄養士は、栄養における正しい知識で人々を指導して、健康に暮らせるような食事のアドバイスを行っていく事が求められます。