医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

調剤事務の基礎知識

調剤事務の資格取得

調剤事務の受験資格は得になく、実務経験や学歴、また年齢も関係ないので、調剤事務になりたいと考えていれば、学生でも受験が可能です。現在は20から40歳くらいの女性に人気があり、子育てや家事と上手く両立させて仕事を持ちたいと考えている人が多くいるようです。

調剤事務の資格は、必ず持っていなくてはならないという訳ではありませんが、資格を持っていた方が調剤薬局に勤務しやすいですし、自分でも突然専門的業務を行うよりも業務をこなしやすいと感じるでしょう。調剤事務の資格は、短期間で習得が可能ですし、資格を活かして比較的即戦力として活躍しやすい事が魅力とされています。

調剤事務の資格には民間団体の用意する様々な資格がありますが、政府に認定医されている調剤報酬請求事務専門士の資格を取得しておくのがいいとされています。調剤報酬請求事務専門士の資格は、年に2回資格テストを行っており、日本全国で受験が可能です。調剤報酬請求事務専門士の資格取得の為の、通信講座や参考書が出ているので、それらで基礎知識や応用知識を学んで、試験に臨みましょう。

調剤報酬請求事務専門士には1級から3級まであり、1級が最も難易度が高く、合格率は20%未満とも言われています。試験はFAXによるマークシート試験となり自宅で受験が可能ですが、参考書等が自由に、見れる環境でもこのような低い合格率であるのは、それだけ専門的知識を要求されるという事であり、資格を取得する価値が高いと言えます。