医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

調剤事務の基礎知識

調剤事務の仕事

調剤事務の仕事は、医療事務と同様に多岐にわたっています。調剤薬局の薬の整理を行ったり、薬の料金に適用する為の保険証の確認を行ったり、事務業として処方箋内容をコンピューターに入力して管理したり、電話対応などを行う事もあります。

調剤事務の掃除や整理整頓といった事務以外仕事を行う必要もあり、最近では調剤薬局で健康食品なども販売しているので、それらの販売業務も任される事になります。医療事務が病院の規模によって業務が異なるように、調剤事務の場合も大きな薬局と小さな薬局では、こまごまとした業務には違いが出てくるので、調剤事務として働く場合は、ネットの情報だけでなく勤務先で業務内容をきちんと確認しておくようにしましょう。

調剤事務は処方された薬の会計等はおこないますが、薬説明を患者に行うのは調剤師の仕事となります。薬の説明以外に代わりにたれる事があれば積極的に行い、調剤事務の対応が悪いせいで薬局の待ち時間が長くなるといった事がないように、臨機応変に対応する事も重要です。

また、調剤事務では診察を行う事はありませんが、患者のカルテを作成しています。通院していたり、何かあった際によく利用する病院が、ある程度決まっているように、その病院の近くにある調剤薬局は頻繁に使用する事になります。その際にいちいち、薬のアレルギーや、常飲している薬などを聞くのは面倒なので、それらの基本情報をコンピューターに入力してカルテを保存し、いつでも利用できるように管理しておく事も調剤事務の仕事です。