医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

調剤事務の基礎知識

調剤事務とは

医師の処方した処方箋を元に、調剤薬局で薬を調剤するのは薬剤師ですが、その薬に関する会計を行うのが調剤事務です。調剤事務は近年、医療事務とともに需要の高まっている職業で、国家資格ではなく民間資格であることから、比較的簡単に取得できる医療資格として知られています。

調剤事務の仕事が近年増加しているのは、これまで薬は病院内で処方して貰えたのですが、近年は病院で治療を受けると処方箋を貰い、それを調剤薬局に持っていって薬をもらう、院外処方が主流となった為です。院外処方を行う事で、医療を分業して責任を分業して行い、問題がないかチェックする場所を増やす事で、医療に関する不安や問題を解消する事ができます。

また、院外処方を行う事で薬を大量に処方するのを防ぎ、薬による事故を防止する目的もあります。このような背景から、調剤薬局が増えたので、薬剤師だけでなく調剤事務も人気のある医療資格として注目されています。

調剤事務の主な業務は、調剤報酬明細書を作成する事になります。調剤報酬明細書とは、医師の処方した処方箋を元に、患者が負担する薬代を保険割引を適用して請求するための明細表です。保険といっても様々な種類があるので、その都度保険の改正にも対応して、正しい知識をもって調剤報酬明細書の作成業務にあたる必要があります。

この他にも、薬剤師の仕事を補佐する業務を任される事もあり、薬品の在庫管理などを行う事もあるので、ある程度薬の知識を身につける必要があります。