医療にかかわる資格を知ろう 医療資格の種類と内容

調剤事務の基礎知識

医療事務と調剤事務の違い

医療の資格を取って、手に職をつけたいと考えているひとには、医療事務と調剤事務のどちらを取ろうか迷う人も多くいます。医療事務と調剤事務は仕事内容が似てはいますが、別の資格になるので医療事務の資格を持って調剤事務を行おうとしても、調剤事務の資格を持っている人に比べて評価は高くなりません。

ただ、どちらの資格も持っていれば、評価して貰えるでしょう。医療事務と調剤事務の違いは、まず勤務先が異なります。医療事務の場合は、大きな病院や町のクリニックといった違いはあっても働く場所が病院である事に変わりありません。対する、調剤事務は場合は、病院ではなく調剤薬局での勤務になるので、だいたいの仕事内容は似ていても、細かな仕事等は異なってきます。

医療事務の場合は、診療報酬の明細書作成業務が主な仕事となりますが、病院に来る外来患者の応対や、カルテの整理などの病院内での雑務などを行う事になります。対する調剤事務の場合は、医師が出した処方箋を薬剤師に渡し、薬内容の入力や処方箋の発行、また会計を行う事になります。

調剤事務は薬の知識が増え、医療事務の場合は患者さんと接する機会が多いと言えます。また、レセプト業務も似てはいますが、医療事務の場合は診療報酬の点数計算、調剤事務の場合は調剤を算定する計算方法は異なる方法で行っているので、医療事務を持っていてもすぐに調剤事務ができる訳ではないのです。近年は、医療事務に比べて調剤事務の方が、求人の数が多いとされています。